マーケティングはどこまで自動化できるのか -マーケティングオートメーションとは(前編)-

マーケティングオートメーションは、近年もっとも注目されたデジタルマーケティング関連テクノロジーの1つだ。

2012年に米国でもっとも注目されたデジタルマーケティングのテーマは「マーケティングオートメーション」と呼ばれる分野だ。

大手ITベンダーによる買収合戦で株式市場も賑わせているので、買収の報道で「マーケティングオートメーション」という名称を聞いた方も多いのではないだろうか。

マーケティングはIT化の最後のフロンティア

130410_marketingautomationマーケティングオートメーションは、文字通り企業のマーケティング活動をシステムで自動化するソリューション。

このマーケティングオートメーションを語る際によく言われるのが「IT化の最後のフロンティア」という言葉。

生産・在庫管理から物流(ERP/SCM)、営業・販売(SFA/ECサイト)など、多くの業務がシステム化されてきたが、マーケティングだけが最後の砦としてIT化が全く進んでいない領域だとの意味らしい。

一昔前と違いマーケティング活動はTVCMや新聞広告、店頭キャンペーンなどリアルなものだけでなく、Webサイト、Eメール、ソーシャルメディア、スマートフォンアプリ、デジタルサイネージ・・・と、多くがデジタルなものにも関わらず、IT化されていないと言うのだ。

どいうことだろうか?

マーケティングはクリエイティブなものだから自動化できない

マーケティングが他の企業活動と比べて大きく異なることは何か。

「マーケティングはクリエイティブなもの。ルーティン業務ではない。人間が頭を使ってやるものだ。」と言われる。

この言葉は、マーケティングの自動化を困難にしてきた特徴を端的に表している。たしかに企業の活動の中でもマーケティングというの創造的な業務だ。

広告は科学ではない。それは説得である。そして説得とは芸術である。

これは米国の広告業界に長年大きな影響を与え、広告代理店DDBの創設者でもあるウィリアム・バーンバックの有名な言葉。

確かにマーケティング活動は、戦略にしろキャッチコピーにしろクリエイティブデザインにしろ芸術的な側面が強く、おいそれと自動化は難しそうに見える。

実は、このマーケター=アーティストという図式が変わるかもしれない・・ それがマーケティングオートメーションという分野の最も興味深いところだ。デジタルマーケティングの浸透で「芸術」の領域に「科学・テクノロジー」が入り込みはじめているのだ。

マーケティングオートメーションとは

ではマーケティングオートメーションはどう定義すべきか。マーケティングオートメーションに特化して情報発信をしているmarketing automation times から抜粋してみよう。

Marketing Automation a subset of customer relationship management (CRM) that focuses on the definition, scheduling, segmentation and tracking of marketing campaigns. The use of marketing automation makes processes that would otherwise have been performed manually much more efficient and makes new processes possible.
(マーケティングオートメーションは、マーケティングキャンペーンのスケジュールや顧客セグメンテーション、行動トラッキングに関するCRMの一種である。マーケティングオートメーションを利用することで、これまで人手を介して行ってきたマーケティング活動を劇的に効率化し、新しいマーケティング活動を行う余地を作ることができる)
Marketing automation reduces repetitive tasks associated with the marketing process.There are two tasks, among many, for which the software resolves: customer segmentation and campaign management.
(マーケティングオートメーションは、マーケティング活動に関するルーティン作業を削減することができる。このソフトウェアによって二つの作業を自動化することができる:顧客セグメンテーションとキャンペーン管理だ。)
Marketers use such factors as sex, age, and education to divide and classify customers. Performing this task is called customer segmentation. This makes it easy for marketers to create a target population and measure the efficiency of allocated resources.
(マーケティング担当者は、性別や年齢、学歴などで顧客を分類するが、これは「顧客セグメンテーション」と呼ばれる。セグメントすることで、マーケティング担当者はターゲットとする母集団の大きさとそれに費やすリソースの効率化を検討することが容易になる。)
On the other hand, marketers also use the software to inform potential customers of business products and services. By employing an email management campaign, marketers send pre-formatted messages about products to a list of email contacts. Marketing Automation Software has become the best solution for developing email marketing and sales campaigns and driving revenue.
(一方で、マーケティング担当者は潜在顧客に対して商品とサービスの告知を行うためにこのソフトウェアを利用する。Eメール主体のキャンペーン管理では、製品情報に関してテンプレート化されたコンテンツをメール受信者に送るのだ。マーケティングオートメーションソフトウェアは、Eメールマーケティングと販促活動を容易にし、収益を向上させるために最良の選択肢となりつつある。)

Eメールマーケティングとキャンペーン管理において、マーケティングオートメーションはマーケティング担当者の作業を効率化する、ということが読み取れる。特に、「顧客セグメンテーション」や「キャンペーン管理」をITによって効率化しようという部分が重要だ。

ただ、これだけではマーケティングオートメーションで自動化できる具体的な施策が見えにくいかも知れない。次回OnetoOneで考える自動化できる3つのマーケティング活動-マーケティングオートメーションとは(後編)-においては、One to Oneマーケティングを軸にマーケティングオートメーションで自動化できるマーケティング活動を挙げてみたい。

関連サービス:Eloqua導入

関連ホワイトペーパー:

マーケティングオートメーションとは?

Eloqua簡単ガイド

あわせて読みたい記事