Adobe、Neolane買収を発表―6つ目のソリューションはマルチチャネルキャンペーン管理

米アドビシステムズが仏ネオレーン社の買収を発表した。 アドビシステムズのプレスリリース:アドビ システムズ社、Neolane社の買収を決定デジタルマーケティング分野のリーダーシップを拡大 ロイター:米アドビ 、マーケティングソフトのNeolaneを6億ドルで買収

Adobe & Neolane 2013年6月27日、米アドビシステムズが仏ネオレーン社の買収を発表した。

アドビシステムズのプレスリリース:アドビ システムズ社、Neolane社の買収を決定デジタルマーケティング分野のリーダーシップを拡大 ロイター:米アドビ 、マーケティングソフトのNeolaneを6億ドルで買収

6つ目のソリューションはマルチチャネルでのキャンペーン管理とマーケティングオートメーション

先日行われたAdobe Digital Marketing Forum 2013で、様々な製品群を5つのソリューション分類にリブランディングしたとブログで更新したばかり(解析ソリューションベンダから本格的にマーケティングプラットフォームへと変貌を遂げるAdobe Adobe Digital Marketing Forum 2013レポート)だが、早くも6つ目のソリューションとなりそうな製品の買収のプレスリリースが発表された。

フランスに本社を置くネオレーン(Neolane)社は、オンラインとオフラインのマーケティング活動におけるデータ収集、統合、セグメンテーションを行い、マルチチャネルでのコミュニケーション管理・メッセージングを行うプラットフォームだ。

Web、eメール、ソーシャルメディア、モバイルなどのオンラインチャネルはもちろんのこと、コールセンター、ダイレクトメール、POSなどのオフラインチャネルを含めたキャンペーンの自動化(マーケティングオートメーション)を可能にする。 アドビシステムズ社デジタルマーケティングビジネスユニット担当上級副社長のレンチャー氏は、

Neolane社の買収により、クロスチャネルのキャンペーン管理と実施に必要な、基幹的な機能がAdobe Marketing Cloudに加わります。アドビ システムズ社は、長きにわたりクリエイティブのプロフェッショナルにとって信頼できるパートナーでしたが、今回、Neolane社のソリューションをサービスポートフォリオに加えたことで、デジタルマーケティング分野でのアドビ システムズ社の優位性はさらに高まることになります。キャンペーンの企画段階から計画、実施、さらには最適化まで、アドビ システムズ社のテクノロジーによってマーケティングプロセス全体を変革します。

と述べており、プレスリリースでも

Neolane社はAdobe Marketing Cloudに既に含まれるAdobe Analytics、Adobe Target、Adobe Social、Adobe Experience Manager、およびAdobe Media Managerに続く6番目のソリューションとなります。

と、早くも発表された5つのソリューションに新しく加える形で6つ目のソリューションとなることが謳われている。

マルチチャネルでのキャンペーン管理をデジタルチャネルのパーソナライゼーションに

Neolaneの買収によって、Adobe Marketing Cloudには大きく以下の3つの観点で影響がありそうだ。

①オフラインも含めたマーケティングキャンペーンマネジメントが可能に

現状のAdobe Marketing Cloud でもオフラインデータの取り組みや連携は可能とはなっていたが、どちらかと言えばオプショナルな機能との位置づけであった。

Neolaneの買収によって、POSやコールセンターなどデジタル以外のチャネルのキャンペーン管理が可能になり、デジタルの閉じたキャンペーン主体というイメージは徐々に払しょくされていくだろう。

②マーケティングオートメーション機能の拡充

顧客データベースと連携しながら、顧客のレスポンスに応じて自動的にマーケティングキャンペーンが行われる、いわゆるマーケティングオートメーションの機能が大幅に拡充するだろう。

③マルチチャネルのキャンペーン結果をデジタルチャネルのパーソナライゼーションに活用

キャンペーンへの反応などを、オーサリングツールであるAdobe Experience Manager(旧Adobe CQ)などと連携させることで、企業Webサイトのパーソナライゼーションを1つのプラットフォーム上で容易にできるようなるだろう。

ターゲティングから流入、分析・最適化、オーサリングとデジタルマーケティング分野における主要ソリューションを既にカバーしているAdobe Marketing Cloudだが、オフラインを含むキャンペーンマネジメント、オートメーションを加え、さらにプラットフォームとしての可能性を大きくする重要な買収となったと感じる。今後もAdobeの動向に注目していきたい。

関連サービス:Eloqua導入

関連ホワイトペーパー:

マーケティングオートメーションとは?

Eloqua簡単ガイド

あわせて読みたい記事