リードナーチャリングを実行している企業は90%超、ただしEメールの開封率は20%以下

調査の中では、「なんらかのリードナーチャリング施策を実施しているか」という問いに対しては90%ものマーケティング担当者が「実施している」と答えている。B2B領域におけるリード育成に対する取り組みは必要不可欠なものになっていることが伺える。

Eメール開封の低さがマーケターの課題

BizoとOracle Marketing CloudがB2Bマーケティングに携わるマーケティング担当者に向けた”The State of B2B Lead Nurturing” というレポートを発表している。この中で、B2Bマーケティング担当者への調査を実施しており、Eメールの開封率の低さに課題をもつ担当者が多いという示唆が示されている。

90%以上のB2Bマーケターがリードナーチャリングプログラムを実施している

調査の中では、「なんらかのリードナーチャリング施策を実施しているか」という問いに対しては90%ものマーケティング担当者が「実施している」と答えている。B2B領域におけるリード育成に対する取り組みは必要不可欠なものになっていることが伺える。

Eメールの平均開封率は20%以下と答えた担当者が8割

一方で、リードナーチャリング施策の中心となるEメールに関しては、「配信メールの平均開封率は何%か」という問いに対して、「20%以下」と答える担当者が合計で約8割近くにのぼっている。

これは増え続ける大量のEメールの中に配信したメールが埋もれてしまい「見てすらもらえない」ということを物語っている。同じ内容のメールを全員に一斉配信することで「相手に関心を持ってもらえていない」という可能性もあるだろう。 リードナーチャリングの一環で配信したEメールの開封率

解決策は複数チャネルでのリードナーチャリング

レポートの中では、こうしたメールの開封率の低さへの対応として「複数のチャネルでのナーチャリング」を提言してる。

リターゲティング広告やソーシャルメディアを活用することで、Eメール以外でのコンタクトポイントを活用したリードナーチャリングに勝機を見いだそうというマーケティング担当者が多くなっているとのことだ。

あわせて読みたい記事