Android発5つのトレンド from Google I/O 2014

Google I/O 2014(Google開発者向けイベント)で発表された、注目すべき5つのトレンドをご紹介します。(Five key trends and takeouts from Google I/O 2014/Econsultancy より) 1.Android Wear 2.Android Auto 3.Android TV 4.Android One 5.Android L 1.Android Wear いわゆるスマートウォッチ。ピザの注文・支払いが20秒で完了するとのこと。音声によるアクティベートやAndroidアプリのコントロールもできます。また、心拍数計測、歩数計などのヘルス機能も搭載。すでにNike、Adidasなどのパートナーとさらなる進化を模索しているようです。

Google I/O 2014(Google開発者向けイベント)で発表された、注目すべき5つのトレンドをご紹介します。(Five key trends and takeouts from Google I/O 2014/Econsultancy より)1.Android Wear 2.Android Auto 3.Android TV 4.Android One 5.Android L1.Android Wear いわゆるスマートウォッチ。ピザの注文・支払いが20秒で完了するとのこと。音声によるアクティベートやAndroidアプリのコントロールもできます。また、心拍数計測、歩数計などのヘルス機能も搭載。すでにNike、Adidasなどのパートナーとさらなる進化を模索しているようです。Android-wear2.Android Auto Google Mapをはじめとする、あらゆるAndroidアプリをクルマでも。例えばPhoneアプリを使えば、スマホを手に持つことなく、運転しながらの通話も可能。また音声でメール作成・送受信もできます。Android-auto-300x1993.Android TV TVも。あらゆるゲーム、映画、TV番組が音声検索できます。Android-TV-300x2284.Android One 100ポンド(約17,400円)を下回る価格で販売するスマートフォン。特にフィーチャーフォンが普及しているが、スマートフォンが普及していない新興国がターゲット。スマホ率10%以下で10億人以上の市場ポテンシャルがあるインドから販売開始。Android-One-300x1945.Android L 新たな5,000のAPIを加えたAndroid OSのネクストバージョン。新しいアニメーション機能や3Dレビューも搭載。Android-L-300x266Android自体がオムニチャネルになりますね。しかもGoogleアカウントと連携するため、必然的にパーソナライゼーション。指先・音声などの意識的なインプットだけでなく、心拍数・走行距離といった無意識なインプットまでもが、パーソナライズのための「貴重なデータ」になりそうです。いままでにないカスタマーエクスペリエンスが創れそうです。