2016年のスマートフォン広告費はPC広告費の1.6倍以上 予測を上回ってスマホシフトが進む

調査によれば、2016年の「スマートフォン広告は6,476億円」と「PC広告の3,902億円」の1.6倍以上に拡大しています。 同調査では、2015年にスマートフォン広告が初めてPC広告を上回りました。それが、1年を経て一気に差が大きくなっており、インターネット広告全体の6割以上がスマートフォン向けになりました。

株式会社D2Cと株式会社サイバー・コミュニケーションズが毎年行っているインターネット広告に関する独自調査の2016年版「2016年インターネット広告市場規模推計調査」が公表されました。

2016年インターネット広告市場規模推計調査~D2C/CCIが独自推計~

スマートフォン広告費はPC広告費の1.6倍以上に拡大

調査によれば、2016年の「スマートフォン広告は6,476億円」と「PC広告の3,902億円」の1.6倍以上に拡大しています。

同調査では、2015年にスマートフォン広告が初めてPC広告を上回りました。それが、1年を経て一気に差が大きくなっており、インターネット広告全体の6割以上がスマートフォン向けになりました。スマートフォン広告費の中でもFacebookを始めとするソーシャルメディア広告の伸びが特に大きかったようです。

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移
ソース:株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ2016年インターネット広告市場規模推計調査

2015年の予測を大きく上回って推移、2017年はスマートフォン広告の割合が7-8割に

2015年の同社の調査を見てみます。

初めてスマートフォン広告費がPC広告費を上回ったことが注目された調査だが、2016年の段階の予測は「スマートフォン57% 対 PC43%」と、差は広がりつつもまだ拮抗している程度の伸び率が予測されていました。

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移 2015
ソース:株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ 2015年インターネット広告市場規模推計調査

だが、実際は「スマートフォン62% 対 PC38%」と、スマートフォン広告費が予測を大きく上回って伸びたことが読み取れます。

2017年は、70% 対 30%との予測がされていますが、こちらも予測を上回り8割以上がスマートフォン向けとなる可能性もあるかもしれません。インターネット広告のスマホシフトには今後も注目をしていきたいと思います。

あわせて読みたい記事